ドルコスト平均法の真実

広告

ドルコスト平均法の真実

ドルコスト平均法 dollar cost averaging, constant dollar plan とは、株式や為替などで「平均購入単価を下げることを目的とする投資方法」です。

ドルコスト平均法とよく比較される投資法に、等株数投資があります。

両方とも、株の個別銘柄だけでなく、外貨(ドルやユーロなど)・投資信託(ファンド)・純金(ゴールド)などの積立投資に利用され、等「株数」投資とは限らないのですが、ここでは便宜上そう表現します。

  • 等株数投資
    • 定期的に一定株数を購入
  • ドルコスト平均法
    • 定期的に一定金額を購入

等株数投資とドルコスト平均法の具体例を以下に示します。

等株数投資とドルコスト平均法
投資回数 1 回目 2 回目 3 回目 合計株数 平均購入株価
株価 100 円 90 円 110 円 合計金額
等株数投資 購入株数 100 株 100 株 100 株 300 株 100 円
投資金額 10000 円 9000 円 11000 円 30000 円
ドルコスト平均法 購入株数 100 株 111 株 91 株 302 株 99.3 円
投資金額 10000 円 9990 円 10010 円 30000 円

上の例で平均購入株価を比較すると、等株数投資の 100 円に対し、ドルコスト平均法では 99.3 円になっています。

一般に、ドルコスト平均法は次のように言われます。

株価が高いときには少なく、安いときには多く購入することになるので、結果的に平均購入株価を下げることになり、有利な投資方法である

果たして、本当にそうでしょうか?