ドルコスト平均法は本当に有利か

広告

ドルコスト平均法は本当に有利か

ここまでの計算をまとめると、以下のようになります。

ドルコスト平均法の投資金額合計が少ない場合
  合計株数 平均購入株価 売却株価
104 円以下 105 円以上 108 円以下 109 円以上
等株数投資 300 株 100 円 損失の絶対額は、
等株数投資が
大きい
利益の絶対額は、
ドルコスト平均法が
大きい
利益の絶対額は、
等株数投資が
大きい
ドルコスト平均法 286 株 99.3 円

ドルコスト平均法の投資金額合計が多い場合
  合計株数 平均購入株価 売却株価
91 円以下 92 円以上 94 円以下 95 円以上
等株数投資 300 株 95 円 損失の絶対額は、
ドルコスト平均法が
大きい
損失の絶対額は、
等株数投資が
大きい
利益の絶対額は、
ドルコスト平均法が
大きい
ドルコスト平均法 316 株 94.8 円

従って、以下が分かります。

  1. 平均購入株価は、ドルコスト平均法が低くなる
  2. 利益や損失の絶対額の大小は、売却株価による(合計株数が違うから)

一般に、ドルコスト平均法は次のように言われます。

株価が高いときには少なく、安いときには多く購入することになるので、結果的に平均購入株価を下げることになり、有利な投資方法である

1 のように「平均購入株価を下げる」は本当ですが、2 のように「有利な投資方法」かどうかは別なのです。

もう 1 つ、ドルコスト平均法の効果についても重要です。