キャンセレーション・システム

広告

キャンセレーション・システム

キャンセレーション・システム cancellation system とラ・ブーシェール・システムは手順が似ているため、文献により両者の呼び名が入替わっていることもありますが、ここでは以下のように定義します。

キャンセレーション・システムとは、「利益目標額を分割して、勝てば消去していく方式」であり、その具体例を以下に示します(下線は終了を表します)。

  1. 利益目標額を設定し、いくつかの数字に分けて書き出す(ここでは 10 = 1 + 2 + 3 + 4)
    1 - 2 - 3 - 4
  2. 最初と最後の数字の合計を 1 回目の投資金額とする(ここでは 1 + 4 = 5)
    • 勝てば最初と最後の数字を消し、新しい最初と最後の数字の合計を 2 回目の投資金額とする(ここでは 2 + 3 = 5)
      1 - 2 - 3 - 4
      • 勝てば最初と最後の数字を消し、終了(利益目標額達成)
        1 - 2 - 3 - 4
      • 負ければ投資金額を最後に書き加え、新しい最初と最後の数字の合計を 3 回目の投資金額とする(ここでは 2 + 5 = 7)
        1 - 2 - 3 - 4 - 5
        • 勝てば最初と最後の数字を消し、新しい最初と最後の数字の合計を 4 回目の投資金額とする(ここでは 3 + 0 = 3)
          1 - 2 - 3 - 4 - 5
        • 負ければ投資金額を最後に書き加え、新しい最初と最後の数字の合計を 4 回目の投資金額とする(ここでは 2 + 7 = 9)
          1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 7
    • 負ければ投資金額を最後に書き加え、新しい最初と最後の数字の合計を 2 回目の投資金額とする(ここでは 1 + 5 = 6)
      1 - 2 - 3 - 4 - 5
      • 勝てば最初と最後の数字を消し、新しい最初と最後の数字の合計を 3 回目の投資金額とする(ここでは 2 + 4 = 6)
        1 - 2 - 3 - 4 - 5
        • 勝てば最初と最後の数字を消し、新しい最初と最後の数字の合計を 4 回目の投資金額とする(ここでは 3 + 0 = 3)
          1 - 2 - 3 - 4 - 5
        • 負ければ投資金額を最後に書き加え、新しい最初と最後の数字の合計を 4 回目の投資金額とする(ここでは 2 + 6 = 8)
          1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6
      • 負ければ投資金額を最後に書き加え、新しい最初と最後の数字の合計を 3 回目の投資金額とする(ここでは 1 + 6 = 7)
        1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6
        • 勝てば最初と最後の数字を消し、新しい最初と最後の数字の合計を 4 回目の投資金額とする(ここでは 2 + 5 = 7)
          1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6
        • 負ければ投資金額を最後に書き加え、新しい最初と最後の数字の合計を 4 回目の投資金額とする(ここでは 1 + 7 = 8)
          1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7

キャンセレーション・システムには、以下の特徴があります。

  • 勝てば、数字が 2 個減る
  • 負ければ、数字が 1 個増える

従って、勝率が 1/3 より高ければ、全部の数字が消えて利益目標額が達成されます。

しかし実際は、数十回の投資では勝率が 1/3 を下回ることも多く、破綻しやすい戦法です。