アンチ・マーチンゲール・システム

広告

アンチ・マーチンゲール・システム

アンチ・マーチンゲール・システム anti martingale system は、ダランベール・システムの 1 種で、パーレイ Parlay とも呼ばれます。

分かりやすくするために、以下の条件で考えます。

  • 「勝ち」と「負け」しかなく、確率は 1/2 ずつ
  • 勝てば投資金額は倍
  • 負ければ 0

アンチ・マーチンゲール・システムとは「投資金額は負ければ 1 だが、勝てば倍(配当を全額再投資)にする方式」であり、 その具体例を以下に示します。

アンチ・マーチンゲール・システム
投資回数 投資金額 勝った場合 負けた場合
累計利益 次の手順 収支(前回の累計利益 - 投資金額) 次の手順
1 1 1 投資回数 2 へ -1 投資回数 1 へ
2 2 3 投資回数 3 へ
3 4 7 投資回数 4 へ
4 8 15 投資回数 5 へ
5 16 31 投資回数 6 へ
n 2n - 1 2n - 1 投資回数 n + 1 へ

アンチ・マーチンゲール・システムとダブルアップ・システムの表を比較すると、勝った場合と負けた場合で収支・利益・損失が逆転しており、「アンチ(反)」の意味が分かります。

アンチ・マーチンゲール・システムでは、連勝しているうちは良いのですが、負けたところで全ての利益を吐出して収支がマイナスに転じます。